採用早期育成定着 イーフォース

人が足りないとき、多くの経営者は「社員を採用しよう」と思います。
もちろん、それは普通のことですし、採用しないと人材は不足したまま。    

人手不足のときに、安易な採用は逆効果!

・・・ですが!慢性的な人手不足の会社にとっては、採用は逆効果といえます。
人手不足の解消は、次のステップで行うのが理想的です。

1)モチベーション高く働く(定着)
2)早く社員の能力を高める(早期育成)
3)人材を採用する(採用強化)

入社した社員が辞めてしまう体質のまま、お金と手間をかけて社員を採用しても、言い方は悪いですが、「穴の空いたバケツに水を入れる」ようなもの。
入った端から辞めていってしまいます。 

すると、採用にかかるコストを回収する前に辞められてしまうので、採算も合いませんし、それ以上に現場がどんどん疲弊して、残った社員まで辞めたくなってしまうのです。

ですから、バケツに穴が空いている会社の場合、最初にすべきなのは「バケツの穴をふさぐ」ことなのです。

人が辞めないようにするための、最も簡単で有効な方法は、「早期発見」「早期対応」です。

社員は、ちょっと不満なだけで辞めてしまうわけではありません。
日常のちょっとした不満が溜まりに溜まって、限界を超えたとき、「辞めてやる!」となってしまう。
ですから、不満が溜まりきる前に、社員の不満を発見して対応すれば、離職を防ぐことができるというわけ

その他にも・・・

感情ニーズチェック

感情ニーズとは、人々が行動する際に、無意識に本当に欲しい感情を得るために行動する源となる感情、行動源といわれるものです。ニーズは良い悪いではなく自分のタイプや相手のタイプを知ることで仕事がうまくいったり、適材適所の人員配置を可能にします。
このスキルを活用すると組織の活性化からマネジメント、営業活動にまで活用できます。

感情ニーズ イメージ

4つの感情ニーズのキーワード

4つの感情ニーズのキーワード

JOBSTYLE‐RiskFinder 適性検査

採用強化+社員をリスクから守る!

JOBSTYLE‐RiskFinderは、心理学をベースに開発されたシステムです。
職業に対する適性はもちろん、大手広告会社で発生したような悲劇を防ぐため、そのパーソナリティーに起こりやすいリスクまで把握し、マネジメントの一助とするシステムです。
JOBSTYLE‐RiskFinderは生まれつきの属性である完全主義と、学習によって獲得した自己洞察力を測定し、個人の仕事の進め方を推測します。

完全主義とは高い目標を設定し、失敗しないように周到に準備をし、課題をやり抜こうとする性格をいいます。自己洞察力とは、自分の思考や行動を第三者の立場から眺め、自分自身を把握する能力を指します。見通しを立て、自分の周囲で起こっていることに気づき、それに相応しい行動を取ろうとする力をいいます。これらは人間関係では大事な要素であり、状況に即した振る舞いがとれるかどうかに関係しています。仕事の進め方を推測することによって起こり得るリスクを未然に防ぐことができる採用および社員にも使用することのできる検査です。
質問数は36問からなり、短時間で負担なく回答していただける点もご利用くださった皆様に評価をいただいています。

職場能力レーダーチャート

エンゲージメントは自社愛、自主的貢献意欲といわれますが、エンゲージメントの測定は会社の成長予測の指標となります。

従業員が、会社の進む方向性をどのように理解し、どのように感じ、どのように行動するか…。
持続的成長を続ける企業では、従業員が組織の目標達成に向けて、自発的に自らの力を発揮するよう動きます。
まわりの社員も成長するポジティブスパイラルが、エンゲージメント(自発的貢献意欲)という考え方です。
従業員エンゲージメントを知ることは離職率の改善にも期待できます。
エンゲージメントの高い従業員の離職率は1.2%にとどまり、従業員エンゲージメントの低い従業員の離職率は9.2%と高くなっています。

タワーズワトソンの調査では、エンゲージメントの低い企業群、エンゲージメントが高い企業群(いずれも、 生産的な職場環境と健全な就労状態については測定をしていない企業群)、そして、エンゲージメントのみならず、生産的な職場環境と健全な就労状況についても測定し、かつそのスコアが高かった企業群の1年後の業績指標(この場合、営業利益率)をトラッキングし、 調査したところ、そこに3倍もの差が見られることが 明らかになった。

エンゲージメント