イーフォースのお試し手順

お試し導入の流れ

 

報告で何がわかるのか?

 
完全主義と自己洞察力の分布を見ています。実際には社員の名前入りの分布を見ることもできます。
 
感情ニーズの分布を見ています。上部のタイプ(変化欲求)の多いことが見てとれます。このタイプが多いとチャレンジャーが多くなりますが反面、離職の多い人材であることもわかります。前もって担当先を変えるとか異動など対策の立て方がわかります。
左の分布(特別感欲求)のあるタイプが少ない状態です。 特別感欲求のあるタイプは、仕組みや分析が得意です。 この部署では人間関係は良いが 仕組みや新しい取り組みがなく仲良しクラブになっていたそうです。 左の特別感欲求のあるタイプを数名入れてバランスを取ることをお勧めした事例です。
よくよく眠れているかの問に「1,全く当てはまらない」と回答したのでアラートが北事例。  見るとJOBSTYLERiskFinderでは売らいない依存型(睡眠障害、うつ傾向が見られるタイプだったため、慎重に対応した事例。  他にもパワハラ、セクハラ等一発アウトの事例もあり、ヒアリングを丁寧に行うことをアドバイスした。
 
 
資料お試しのご依頼は
イーフォース関連記事